総合建物解体業 -株式会社羽川工業- 電子マニファストとは

HOME > 電子マニフェストとは

株式会社羽川工業は、電子マニフェスト制度を導入し、適正な処理を行っております。

電子マニフェストとは

電子マニフェストとは、排出事業者が収集運搬業者、処分業者に委託した産業廃棄物の処理の流れを自ら把握し、不法投棄の防止等適正な処理を確保することを目的とした仕組みです。
マニフェスト情報を電子化し、排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者が第三者機関である情報処理センターを介したネットワークでやり取りします。このため、マニフェストの記載漏れや偽造がありません。

情報処理センターは、産業廃棄物処理法第13条の2の規定に基づき、財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが全国で1つの「情報処理センター」として指定され、電子マニフェストシステムの運営を行っています。

電子マニフェスト導入のメリット

  • 紙マニフェストのように管理スペースが要らず、コストの軽減になります。
  • 情報の電子化により、集計、分析のデータ検索が容易です。
  • 第三者機関が管理、保存しているので、不正・書き換えが不可能です。